日本人は全員JavaScriptゲームプログラミングを学習するべき理由

2020年度からプログラミング教育の必修化が始まることもあり、プログラミング教育への注目は年々高まっています。

しかし、日本のプログラミング教育が他の先進国に比べて遅れをとっているのは周知の事実です。

ビジネス・生活のあらゆる領域にIT技術が浸透している今日、プログラミングの基本を理解している人と、理解していない人の間に生まれる差は年々拡大しています。

そのため、学校教育で質の高いプログラミング教育が行われることが理想ですが、現実的には不安が残ります。

教職員の激務が問題視され、働き方改革待ったなしの状況の公立学校でプログラミング教育にどれほど手を回す余裕があるでしょうか。

また、すでに学校教育を終えている世代についてもプログラミングを学ぶ必要があることに変わりはありません。学校でプログラミング教育を受けていない人も、自分の力で学習していく必要があります。

そこで、日本の全世代の人がプログラミング能力を身に着ける手段として「日本人は全員JavaScriptゲームプログラミングを学習するべき」と筆者は考えています。

JavaScriptゲームプログラミングとは?

JavaScriptゲームプログラミングとは、プログラミング言語JavaScriptを用いて、ゲームをプログラミングすることです。

JavaScriptゲームプログラミングの様子

なぜ、JavaScriptゲームプログラミングが日本人全員のプログラミング学習に最適なのでしょうか?

これには2つの理由があります。

理由1. プログラミングの環境構築がとても簡単

基本的にどのプログラミング言語でも、プログラミングを行うには専用のソフトをダウンロードしたりインストールしたりなどのセットアップが必要になります。

しかし、JavaScriptの場合は他の言語と異なり、Webブラウザさえあれば動作させることができます。

そのため、PCにデフォルトで入っているメモ帳とWebブラウザさえあればゲームを作ることができます。PCのスペックも必要ありません。

また、「5秒で始められるJavaScriptゲームプログラミング学習サービス プロアカ」のような開発環境付きの学習サービスもあります。

このサービスを利用するとWebブラウザだけですぐにプログラミングを始めることができます。

日本人全員が学習するにあたって、プログラミングの環境構築が簡単なことはとても重要になります。

理由2. ゲームが簡単に作れて楽しいから学習が進みやすい

何を学習するにもモチベーションを保つことは非常に重要になります。

様々なテレビゲームや、スマホゲームに熱中しているうちに、「自分の考えたゲームが作りたい」と、思ったことのある人は多いでしょう。

JavaScriptゲームプログラミングは、1週間もあれば基本がマスターできます。Webサイト制作やアプリ制作に比べるととても簡単です。

簡単にゲームを作れるようになるため、モチベーションを高く保つことができます。

終わりに

記事中で紹介した「5秒で始められるJavaScriptゲームプログラミング学習サービス プロアカ」はJavaScriptゲームプログラミングを学ぶのにおすすめのサービスです。ぜひ、学習を始めてみてはいかがでしょうか。